米国株で資産2億円を目指しながら、幸せを噛みしめる

米国株式の配当金、日本株トレード、ゴールド+事業収入で総資産2億円を目指す

治療、薬とは何だろうか、

このところコロナ禍のこともあり、とても気になること。
それは、治療や特に「お薬」です。
おかげさまで普段まったく内服することはありませんが。


で、なにが気になるかと言えば主訴を緩和することはできるだろうけど、病気の原因そのものを退治してくれて治る薬など、あるのでしょうか。
僕は、医療知識が乏しいです。


例えばですが、
血圧の降圧剤は、意味がどのくらいあるのだろうか。
たしかに血圧は下がるかもしれないけど、それで高血圧は解決するのだろうか。
あるいはインシュリン注射、血糖値は下がるかもしれないが病気は治るのだろうか。
ワクチンでの副反応時の発熱を、解熱剤で下げたらちゃんと抗体できるんだろうか。
抗がん剤も癌だけでなく正常な細胞に効いてしまうし、癌の原因を治せるのだろうか。
などなど気になっています。


なんというか対処療法みたいに見えちゃうんです。
障害が残るくらいの高熱や、全身の硬直みたいな症状を一時的に緩和するためなら理解できます。
慢性疾患は、薬でどうにかなるものなんでしょうか。


嫁さんは内科クリニックで働いていますが、気になることを聞きいてみました。
ぶんぶん「君のところのクリニックの患者さんって、病気が治る人っているの?」
よめさん「...今のところいないかも。きっとずっと通うんじゃない??」
やっぱりそうなんだ、そう簡単には治らないよね💦


また合法なクスリですから危ない物ではないでしょうけど、一生飲み続けたらどうなるのだろうと思いました。
姉の若い頃、膠原病を患いステロイドを処方されていました。
でもなかなか治ることはなく、薬を辞めれば再発するを繰り返していました。
因果関係は分かりませんが数年前に乳がんになりました。
今は切除して再発はないようですが、良く話をしてところ生活習慣を改善すると切々と語っていました。


それとやはり気になるのは、医療費ですね。
数割負担ですから、それほど家計に響かないのかもしれませんが、僕はケチなのでビビッてしまいます。
特に、ガンはお金のかかる病気と聞きます。


病気で苦しんでいる人は、藁にもすがる思いだと思います。
そう言えば、「コロナ飲み薬」もそろそろ流通するようですね。
どうやって治すんだろう。
”RNA複製時に複製障害を生じさせることで、抗ウイルス作用を発揮する。”
全然理解できませんが、凄そうですね。


様々な症状や、患者のおかれた状態も異なるでしょうから、何が正しいことなのかな。
一般論も理解できませんが、僕にとって何が必要なものか考えるしかないと思いました🐶


×

非ログインユーザーとして返信する