米国株で資産2億円を目指しながら、幸せを噛みしめる

米国株式の配当金、日本株トレード、ゴールド+事業収入で総資産2億円を目指す

雇用を守ることは、本当に最優先なのだろうか。

11月からの現場を探して、あれこれ営業活動をしています。
二つほど面談しましたが、なかなか思うようにいかないですね。
ちょっと焦り恥じてめています。


そんなおりですが、見かけた動画でびっくしりしたことがありました。
「日本社会は雇用を守るために労働者の給料を上げれない。過度に守りすぎてきた。」
僕も今日まで、雇用を守るってことは何よりも優先されて当然だと思っていました。
特に大黒柱が、職を失えば一家は路頭に迷うかもしれないです。
会社が社員を守るは、当然のことと思っていました。


考えてみると日本の会社の正社員は、不祥事でもしない限り解雇にはなりませんね。
業績不振でのリストラはあるかもしれませんが、欧米のように個人の能力が原因で突然のクビを告げることはないイメージです。
また優秀な人も、そうでない人も平均化された給料で大きな差が少ないと思っていました。


僕も若い時に、
精一杯働いて会社で最高評価を頂いたのですが、4月の給与明細を見てショックだったことを思い出しました。
「こんだけ頑張ってもこれしか差がない。ぜんぜん報われないじゃん」
だからこそフリーランスを初めて、今は自分会社にしました。


でも、それは僕個人だけのレベルのことです。
社会全体で見てみると、不況や不振を理由に給料が上がらない人が多くいると思います。
その一方で、社員の中でも労働格差みたいものがあるんじゃないでしょうか。
だって頑張っても頑張らなくても、あまり給料に差が無かったら頑張らない方が得だと思う人もいると思います。


たしかに全体の雇用は守れているかもしれませんが、より頑張る人に負荷が集中し不公平感が生まれ、競争原理が働かず衰退に繋がって行くのではないでしょうか。
結果論かもしれませんが競争力のない会社で存続を目指すと、給料はとても上げられませんね。
人道的には良くないかもしれませんが、欧米のようにがんばらずに成果の出ない人はクビにしてどんどん競争を促すしかないのかもしれません。
生きていて快適な暮らしを求めるなら、しょうがない気がします。


あ!でも個人裁量で営業するような職種は、既にものすごい差があるのかもしれませんね、失礼しました💦


とりあえず一度正社員で、入社したら守られるのが当然っていうのは変だと思います。組織だろうと個人だろうと、自分の糧をしっかり稼がなきゃですね。
おっと、今は人様のことより自分ですね😓
早く次の取引先を見つけなけヤバイと思いました🐶



×

非ログインユーザーとして返信する