米国株で資産2億円を目指しながら、幸せを噛みしめる

米国株式の配当金、日本株トレード、ゴールド+事業収入で総資産2億円を目指す

本当に、亡くなったんだなと思う。

国葬の是非には、あまり関心はありません。
色んな意見や考えがあるのも、民主国家として良いと思います。


ようやく国葬を経て、安倍元首相が死んだことが実感してきました。
どんなことをしても巻き戻せず、色んな人の思いを飲み込んで時間の歯車は回りますね。


彼の死を受けて思ったこと。
普段から与党の国会議員なんてよくやるなあと、いつも考えていました。
特に総理大臣は、緊急時の対応は24時間、365日だろうし。
報酬に見合わない長時間の緊張や、身の危険、誹謗中傷などなど。
名家で財産も沢山あって、働かなくとも一生遊んでくらせそうなのに。。
僕ならいい年で持病を患ったら、真っ先に遊ぶような余生を考えると思います。


友人代表の菅義偉前総理の追悼の辞を聞いて、故人を最大限に美化しているとは思いますが、彼らのアツイ政治にかける思いは何となく伝わってきました。
良くは分かりませんが、現首相の岸田総理だって日本を良くしたい決意を新たにしていると思います。


もちろん彼の政治活動や内閣が、総て正しくて100点だったわけではないでしょうけど、その政権下で、自分が生き延びてきたことも消せない過去です。
皆で何度も何度も選んだ与党、そしてその総裁だったんですから。
(僕の支持政党とは違いますが)


そう言う僕は、自分自身や家族以外の人のために働いたり、尽力したことは無かったです。
この辺が、ご飯を食べるのに必死な一般人との違いなのでしょうか。
であれば、少々残念ですがこれかも使命感に燃える方たちに日本を引っ張って行ってもらうしかないのかな。。


ともかく、
今は国葬という区切りを感じ、国のために尽力した人の冥福をお祈りいたします。
明日からは新しい日本になれるよう、次の世代にバトンを渡せるよう励みます。


×

非ログインユーザーとして返信する