米国株で資産2億円を目指しながら、幸せを噛みしめる

米国株式の配当金、日本株トレード、ゴールド+事業収入で総資産2億円を目指す

どうしたら日本は良くなるのだろうかと妄想する。

最近は、大河ドラマしかTVを見ていないので、ネットやyoutube動画でニュースを見ます。
そのソースが正しい情報なのかどうかは分かりませんが、日本の経済、国力の低下が言われみんなどうして良いか様々発信しているように感じます。
※偉そうなタイトルを後悔しています。


僕も、日本の将来を悲観的に感じることが良くあります。
日常の仕事で相手側に物足りなさを感じたり、普段の生活で稚拙な営業サービスを受けた時に思います。
でも、、
冷静に振り返ると、僕のこの気持ちは奢りのある身勝手極まりない考えだったとも思います。
僕がどう感じたかはともかく、日本はどうやったらもっと良くなるのだろうか。
大きな政治の問題よりも、自分に身近なところが気になります。


先週金曜日と昨日、マンションの内見のため広尾、駒場まで出かけました。
どちらも帰りの電車で、早めの通勤ラッシュに出くわしました。
久しぶりでしたので、結構辛かったです。
もちろん、普通に通勤している人から見たら毎日のことなので当たり前のことなんでしょうね。
僕も8年前くらいまでは満員電車で通勤していたので、そのことを思い出しました。


当然ですが、都心のターミナル駅から地方に向かう路線が込むのであって、都心内部の移動はそれほど混みません。
広尾-中目黒-渋谷と乗り換えた時はガラガラでした。
これは月島に住んでいたころ、有楽町線に乗っていた時にも感じました。
いいなあ、お金持ちは。。


僕は東京都下の現場に移動になってから、電車通勤を辞めました。
現場の街に引っ越したからです。
その逆で都心へはとても通えない距離になり悩みましたが、嫁さんの正社員キャリアを諦めてもらいました。
正直なところ嫁さんのフルタイム稼ぎが無くなったら本当にやっていけるか心配でした。


でも毎日のように遅く帰る嫁さんを見て、これからは自分がもっと頑張れる環境を優先しよう思い引っ越しました。
そして、通勤時間が徒歩10分以内となり人生の全てが変わりました。
これまで往復2時間近くかかっていた通勤時間が無くなりました。
外食を辞めて、お昼は家に帰って二人で食べることも増えました。
通勤路にお店もほとんどなく、無駄な買い物をする機会も減りその結果会社に財布を持たずに行くことも増えました。


朝早く出勤し、その分早く退勤します。
家に帰っても日はまだ高いです、一日がとても長く感じました。
夫婦の会話も当然増えたと思います。もしかしたら彼女はウザいと思っていたかもです(笑)
今にして思えば、そこから財をためる精神的な余裕が生まれたのだと思います。
ちなみに、何かあっても走ればマンションに3~4分で戻れるので財布は本気で要りません。


仕事はただでさえ大変なことが多くストレスが溜まります。その上通勤ストレスは本当にきついものがあります。
コロナ禍が治まりつつある今は、在宅ワークが会社側から敬遠され始めているようです。
短期の生産性で見れば経営側の判断も正しいのかもしれませんが、もうそんな時代ではないと思います。
週に1~2度くらいの出社になれば、満員電車も軽減されて少しは東京も住みやすくなるのではと思いました。
もちろん地方への移住も全然ありだと思います。
また8時間x週5日という型に、はまった考えも要らないと思います。


本当に今さらとは思いますが、在宅ワークの運用方法をもっと練って世界と渡り合える日本にしたいと思いました🐶


×

非ログインユーザーとして返信する