米国株で資産2億円を目指しながら、幸せを噛みしめる

米国株式の配当金、日本株トレード、ゴールド+事業収入で総資産2億円を目指す

これほどの反応速度の選手は、見たことないです。

そのバドミントン選手の名は、宮崎友花さんです。
彼女は、山口県立柳井商工高等学校の1年生です。
今年のインターハイでも柳井商工の連覇のメンバーで活躍していました。

最近の女子ジュニアバドミントンは、まったくチェックしていなくてリコメンドされた動画で久しぶりに拝見しました。


バドミントン世界ジュニア選手権大会の動画です。
世界の同世代の強豪をまったく寄せ付けていないように見えます。

もちろん結果は。。です。


強い弱いとか、上手い下手とかではなくて本当に反応速度が速くて驚きました。
高校生にしては線が細く体脂肪が少なく軽い印象なので、動き自体が軽いのは理解できますが、なんと言ってもブレない頭からの相手を観察する目と、予測と反応速度が断然違います。
体幹の強さも素晴らしいと思います。
もちろん集中力も素晴らしいと感じました。


攻められて自分の方が相手より体制が悪くなっても、先に戻れるという確固たる自信のようなものを感じます。
不利なところから、守らず攻めれるリカバリーアタックとでも言うのでしょうか。
今の世界トップの山口選手や奥原選手もジュニア時代から見てきましたが、凌駕しているように見えます。
同じように世界ジュニアで優勝した、桃田選手も良く見ましたがある意味もっと凄いものを感じます💦
今日初めて顔も拝見し失礼な言い方も知れませんが、面構えも良いなと思います!


多少ラケットワークに怪しい点はあるものの、まだまだ伸びしろがあるとも言えます。
今はまだ世界のフル代表のパワーとスタミナには届かないと思いますが、丁寧に鍛えて真っすぐ伸びて欲しいなと思いました。


ロス五輪で、金メダルを目指しているとのことです。
ちゃんと明確な目標もあって、素晴らしいと思います。
しばらく要チェックや!と思いました。応援します🙋


あービックリ( ゚Д゚)しました🐶


×

非ログインユーザーとして返信する