米国株で資産2億円を目指しながら、幸せを噛みしめる

米国株式の配当金、日本株トレード、ゴールド+事業収入で総資産2億円を目指す

Jアラートって、悩ましいと思いました。

Jアラートの精度が良くなく、政府でも改修を含めた検討するとのニュースを見ました。
僕は、主に北朝鮮からのミサイル発射に備える警報ぐらいに思っていました。
総務省消防庁のサイトをみるとこんな図が乗っていました。

今さらですが緊急地震速報、津波警報なんかもあるんですね。
携帯電話会社ルートと、地方公共団体ルートの2種類か、確かにそんな感じでした。
それにしても大がかりなシステムなのでしょうね。


地震速報、津波警報もその判断がとても難しいでしょうけど、相手が自然なのである意味まだ予知・感知のレベルですから多少外れても仕方ない気持ちはあります。
ですが、こと隣国からのミサイルとなるとそうも言っていられませんね。
遅すぎたり、誤った情報だと怖すぎます。それは分かります。


ですが、個人的に気になることは、、
僅か1,000kmくらいの隣国のミサイル発射を早期に捉えて、弾道を予測してマッハ15の圧倒的な高速でせまる飛翔体からどう対応すればいいか、その間3分くらいです。僕の理解力だと、さっぱりイメージが湧きません。
本当にこんなことが、日本の偉い人たちなら実現可能なのでしょうか。。


仮に技術的にできたとして、税金いくら投入するのでしょうか。
今でもEV増税や、消費税増税が検討され始めているようですし、国民年金の払い込みの期間も延長の検討がなされています。
いったい財源は、誰が払うのでしょうか。


そしてなによりも肝心なのは、Jアラートが鳴り響いた場合、僕はどう行動したらいいのでしょうか。
家から出て非難すればいいの?机の下にもぐればいいの? 
それとも大切な人に、最後のお別れを言えばいいのかな。
イザとなった時、1分くらいで何が出来るんだろうか。。
もしポーズのための警報なら、あんまり予算使わないで欲しいです。
ある意味今くらいで十分です、なんか発射されたよ!くらいで。


改めて、戦闘レベルで頑張ってもどうにもならないこともある、外交、戦略レベルでどうにかしなきゃいけないと思います。
できることなら日本から北朝鮮に攻め入ることは絶対にないと再明言し、その上で朝鮮戦争の真の終戦を国際社会で模索して上げられたらなと思いました🐶


×

非ログインユーザーとして返信する