米国株で資産2億円を目指しながら、幸せを噛みしめる

米国株式の配当金、日本株トレード、ゴールド+事業収入で総資産2億円を目指す

11/29月の思ったこと(自分のこと#1)

生きるってことは、僕は簡単じゃない。

※長文失礼します。前向きな話じゃないので苦手な人はスルーでお願いします💦


生まれの環境

僕の生家は、隣の家がないようなところだった。
冬は本当に寒かった、水道が凍るので水が出なくなることもあった。
学校まで2km以上も歩いた。。
当然まともな買い物できる場所もなかった。


今思えば結構な貧困だったと思う、ロクなものが食べれずに初めて学校で、
給食を食べた時のことが忘れられない。こんな美味しいものがあるなんて。
美味しくないというクラスメートから、いっぱい分けてもらったなあ。
服も基本的にほとんど、姉お下がりだったような気がします。
おもちゃもあまり買ってもらった記憶ありません、よく近所の子供の家に行って
遊んだ記憶があります。


父は異常なまでに自己中心的な人で、乱暴で母や長男の僕に特に厳しい人だった。
あまり食卓が楽しかった記憶がない。おしくないご飯を泣いて食べた記憶が多い。
だから年始や、お盆に母の実家に帰るのが何よりも楽しみでした。
優しい親戚や従妹が僕を守ってくれて、美味しいご飯が食べられるってわかっていたから。
姉が高校を上がると、母が家を出た。
そして姉も逃げるように一人暮らしを始めた。


運動能力

僕は、運動もできなかった。
なんせ、幼少期に親に一緒に遊んでもらった記憶がないから、きっと運動神経が
育たなかったのかもしれない。
小学校の頃は、良く家の農作業の手伝いをさせられクラブには入れなかった。
野球が好きで、父にキャッチボールをしてもらいかったなあ。一度いいから。
中学は全員強制部だったので、野球部に入ったが万年補欠だった。
高校でも、少し軟式野球やったが全然だめだだった。
大人になって草野球もやったが、未経験者よりセンスがなくほどなく辞めた。
猫背で姿勢も悪い、出かけるたびに、嫁さんに姿勢が悪いって言われる。
後に、子らがバドミントンを始めるが、指導者さんにあなたの子の運動神経の無さは
親譲りと笑われた。


勉強

世の中、そんなに努力していないように見えて、頭の良い人も多いと思う。
でも僕は、記憶力が子供ころから苦手だった。
いつも嫁さんに、なんでそんなことも覚えられないの?って揶揄される。
語学も全くダメで、特に英語が全くダメダメです。
これまた塾で英語を教えていた嫁さんに、こんなに出来ないんだって本気で笑われる。
また国語なのど文章の読取りも、だめだった。何を伝えたいのかが理解できなかった。
一応地元の職業高校には入ったが、やる気のない高校3年間をダラダラと過ごし、
まったく勉強もせず、何も頑張らない日々だった。
たぶん留年スレスレだったと思う。


初めての仕事と、自動車事故

高校のころ母と住んいたボロアパートから、徒歩5分の田舎の会社に入社しました。
近いって理由で適当に選びました。
まったく面白くない事務仕事や雑用をやりました。目的意識もなく。。


ところがたった3か月で、借金で買ったばかりの新車で大事故を起こしました。
自分の車で出かけるのが本当に楽しくて、木曜日に深夜まで友人宅で遊び、帰る途中でした。
相手の方にも怪我をさせてしまいました
僕も人生で初めての救急車で搬送され、緊急のオペになりました。
S13型のシルビアでした、納車されて3週間くらいだったかな。


そして、居づらくなって入社からたった半年で辞めました。
クルマのローンだけが残りました。
本当は、同期の可愛いKさんを誘って海に行きたかったんだけど。。
あーなんで俺は、なんもできないんだろうな。。
ボロアパートが暑い暑い、18歳の夏でした。


×

非ログインユーザーとして返信する