米国株で資産2億円を目指しながら、幸せを噛みしめる

米国株式の配当金、日本株トレード、ゴールド+事業収入で総資産2億円を目指す

管理は、楽じゃないと思いました💦

マンションのトイレの水洗を流すと、流水が止まらなくなる症状が出ています。
大体ですが、週に2、3回の確率でなります。
いつまで流れ続けるのか分からないので、ケチマリストの僕はハラハラします。


不動産屋さんから教えてもらった管理コールセンターにて、対応手配をしました。
一昨日、修理業者の方が来訪しトイレを見てもらったが症状は再現せず、部品を外し微調整を行い帰りました。
「費用については、管理業者とやり取りをしてください」とのことだった。


そして、今日電話がありました。
「受付時に申し上げたとおり、異常は無かったので訪問対応の費用はお客様に請求いたします。」
...
うーん、やっぱりそう来たか。


そもそもコールセンター受付時に、
訪問時に症状が再発しない可能性があるので、その場合費用を請求されても困るのでと言ってあったのに。。そしてそれに対しては、
「症状からして、部品の損傷は間違いないのでその心配はないです。」だった。
本当か?と思ったが、それであればとお願いしました。


なのに、この状況になってしまいました。
僕「ちゃんと受付時の会話内容を引継ぎされているのですか?」
センター「はい。」
僕「電話録音しているとアナウンスがあるくらいだから、ちゃんと確認してください。」


で、再度電話があり、「部品が経年劣化しているので、交換修理いたします。」
「費用は、大家さんに請求します」とのことでした。
録音した会話を聞いて、言い逃れはできないと判断されたと思います。
なんだかな。


要するに支払の責任は、不慮の障害なら保険、経年劣化なら大家さん、無症状なら借主ということだろうか。
何れにしても、泣き寝入りせずに済んで良かったです。
ユーザーとしては、毎回トイレの障害が発生するまで我慢するものなのでしょうか(笑)


また、対応してくれた修理業者さんは丁寧な方で、流水の止まる仕組みについて教えてくれました。その意味では勉強になりました👍
ちなみに訪問後、症状はまだ出ていません(笑)


まあ、マンション管理も楽じゃないですね。


×

非ログインユーザーとして返信する